2007年05月09日

ギター三昧

久しぶりの更新になってしまいました。
PCがボロイためネットから遠のいていた為です。

まともに音源聞けないし、早く新しいPCが欲しいです。
その分、ギターの練習に没頭できていますが。

さて、昨日楽器屋に行きギターを物色してきました。
しかし、成果はなし。
最悪通販になるかも。

手ぶらで帰るのもなんだったので、ついでにスコアを買ってきました。
extra.jpg

ヤング・ギター[エクストラ]の
「ウォーレン・デ・マルティーニ奏法」と「エイドリアン・ヴァンデンバーグ奏法」です。

何れもあれば買おうと思っていたものです。

RATTの"Wanted Man"と
ヴァンデンバ−グの"This Is War"。

もう一度挑戦してみたいと思っていたので。
しかし、コピーは先になりそうです。

2、3日前から練習している曲にてこずっていますので。
まぁ、最初から完コピは無理だと思っていた曲ですが、
さわりだけれも弾ければなと思っています。
posted by こばぼー at 22:21| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
RATT、いいですね〜!
特に音がお気に入りで、当時カーステで常にかけてましたよ。
低音がよく効いてた記憶が・・。
音源、楽しみにしてます。^^
Posted by ベルク at 2007年05月09日 22:54
RATT、自分も聴いてました。
ただ、買ったことはないような?
全部レンタルかも!

ヴァンデンバーグのスコア、買おうか迷ったのですが、
曲オケなのか、ただ、原曲がついてるだけなのか、
解からなかったのでやめました。
で、どっち?
Posted by JUN at 2007年05月09日 23:14
ヘヘッRATT・・・。聴いてみないと分かんない。(^_^;)

で今、何の曲を練習してるのかが興味あり。
流行の泣きギター?違うの?(;´Д`)
Posted by punch at 2007年05月09日 23:35
初めましてm(__)m
麻呂さんの所から飛んできました風呂の呂と申します。

最近までseesaaブログさんにお世話になっていました。

実は、私も11.12歳くらいの時にRATT聴いていました。
初めて買ったレコードもRATTでした。
(ユアインラヴやバックフォーモアなどでしたかね・・)
そして、意味も無くウォーレン・デ・マルティーニ さんのファンでした(^_^;)。
かなり懐かしいです!!
今も彼は現役なのでしょうかね?
(このコメント麻呂さんに見つかったら笑われそう・・。)

麻呂さんはなかなかRATTを弾いて聴かせてくれないので、こばぼーさんのRATT楽しみにしております。
Posted by 風呂 at 2007年05月10日 00:08
>ベルクさん
RATT、懐かしいでしょ。
ディストーションとリバーヴの効いたサウンドが最高ですね。

音源、RATTのリフはツインギターが特徴なので、
重ねて録ってみたいです。

>JUNさん
この頃はLAメタルが大流行してましたからね。
RATTはその代表格なので。

このシリーズのオケはフレーズ・エクササイズのみです。

"ULTRA Extra"シリーズはスコアにあわせて
2タイプのオケが入っています。
値段が少し高いです。

>punchさん
RATT、多分聴いたことありますよ。

今練習している曲は、
今までコピーを避けてきたギタリストの曲です。
せっかくですから次の記事のネタにします。

本当は泣きのギターやりたいんですけど。
実は「組曲サンセット/パリの散歩道」の
サンセットを耳コピしようと目論んでいたのですが、
先月Amazonで注文したCDの発送が滞っていて、
当分聴けそうにないのでお預けです。
その他、悦な曲コピーしようと思ったんですが、
アーミングの技術が足りなくて断念しました。
デレク・シェリニアンでのブラッド・ギルスの演奏です。
Posted by こばぼー at 2007年05月10日 00:17
>風呂さん
ご訪問ありがとうございます。
11、12歳にRATTを聴いていたんですか?
完全なメタル・キッズですね。
私はその年代は演歌とか歌謡曲でした。
あ、KISSは聴いていました。

私もウォーレンに憧れていた時期があって、
極太ネックのCHARVELギターが欲しくてたまりませんでした。
もちろん、高価で変えませんでしたが。
代わりに、相棒のロビン・クロスビーのシグネチャモデルを買いましたけどね。
ロビン・クロスビーが亡くなった事は最新知りましたが、
ウォーレンがどうなっているのかは私もわかりません。

RAAT、是非麻呂さんに弾いてもらいたいですね。
私のアップするのはなんちゃって音源なので
あまり期待しないで待ってて下さいネ。
Posted by こばぼー at 2007年05月10日 00:27
こんばんは。

ロビンなくなったのですか・・・・。知りませんでした。

ULTRA EXTRAのヴァンデンバーグでませんかねぇ・・・・。ジョン・サイクス、ジョン・ノーラムも・・・・・。
Posted by じろすけ at 2007年05月10日 01:34
リンクしていただいてありがとうございます。あんなクダラナイブログを(笑)
他の方のリンクと並んでいる様を見ても、明らかに異様ですね(笑)何だ大貨大特って(爆)

ちょっと笑っちゃったんですが、seesaaって、プロフの年齢の欄、ワイルドカード有効なんですか?(笑)

RATT!はいはい〜♪大好物ですわよ〜。
ウォーレンはオーソドックスなペンタトニックでオシャレなフレーズを生み出したり、独特のスタイルを持ってますよね。
”リーチ・フォー・ザ・スカイ”辺りからブルースよりのプレイを取り入れてましたが、(てかこの頃ブルース流行りましたね)ウォーレンのブルースはやっぱりオシャレでした。
ロビン・クロスビー亡くなったんですか!?
知らなかった・・・。心よりご冥福を。

そうそう、こちらからもリンクさせて頂いてもよろしいですか?

>風呂さ〜ん(笑)

RATTに反応して思わず書き込んじゃったわけね(笑)
Posted by 麻呂 at 2007年05月10日 03:11
>じろすけさん
私もロビンが亡くなったの最近知ったんですよ。
エイズだったそうです。

ULTRA EXTRAのヴァンデンバーグは今のところ出てないようです。
絶対出して欲しいです。
私、未だオケづくりできないですし(笑)

>麻呂さん
リンクの件、
是非宜しくお願いします。

年齢はですね、40越えると一括りになるんですよ(笑)

RATTは"Out Of Celler"と"Invation Of Your Privacy"しか聞いたことないんです。
だからブルージーなプレイをするウォーレンって想像できなんです。
どちらかというとペンタトニック系のフレーズはロビンのイメージです。

ということでRATTのバイオグラフィを調べてみたんですが、
驚いたことにRATTにマイケル・シェンカーが加入していたり、
ウォーレンがホワイト・スネイクに加入したりしてました。

HR/HMは動きが激しい業界ですね。
Posted by こばぼー at 2007年05月10日 20:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。