2007年04月19日

不精者

昨日久々にIbanez 540Sの弦交換をしました。
どれくらいかって?
はい、半年ぶりです。

540s.jpg

しかし、このギターも見れば見るほど良いギターです。
ギャンバレ先生、ありがとう!
私がこのギターを手にしているにはあなたのおかげです。
昨日はアンプ直でずっと弾いてました。

そんなこんなでお気に入りのIbanez 540S、
最近あまり見かけなくなっているので大切に使ってあげたいのですが、
なにせ不精者なのでございます。

毎日、擦り切れるほど弾いているメインのCharvelだって
ゆうに3ヶ月は変えていません。
弦が切れない限りまだまだ使い続けるでしょう、
しかし流石に3ヶ月も経つとサスティーンがなくなってきます。
演奏にも大きく影響します。
特に速弾きでのスライドなんてできなくなっちゃいます。

ということで演奏を控えています。
まぁ、単に腱鞘炎だから弾いていないだけなんですけどね。

明日は新穂高温泉に泊なのでギターには触れず、
思いっきり療養したいと思います。

種類:大浴場、露天風呂、天然温泉
泉質:単純温泉
効能:筋肉痛、神経痛、疲労回復←つまり腱鞘炎でしょl

来週からは復活の予定です。
ラベル:腱鞘炎 540S IBANEZ
posted by こばぼー at 23:38| Comment(7) | TrackBack(0) | ギターのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

サクラ楽器

WASHBURNの通販やってるサクラ楽器というお店、
住所を見たら・・・
なんだ近くにあるじゃんか。

前の記事であまり状態の良いとは言えないWASHBURNを試奏したと書きましたが、
先に調べるべきでしたね。

これでジックリ検討することが出来ます。
ひとまず安心。



posted by こばぼー at 01:25| Comment(4) | TrackBack(0) | ギターのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

WASHBURN見つけちゃいました!

以前、WASHBURNのN4が欲しいという記事を書きました。
(ギター欲しい病再燃!)

なにせネック・ジョイントに癖のありそうなギターですし、
やはり試奏は必要でしょうというコメントも頂いておりました。
そこで、どうにか試奏できないものかと楽器屋を物色しておりましたが、
ようやくというか奇跡的に大手中古チェーン店で見つけました(^^)

washburn1.jpg

商品のタグをみたのですが英語でしたのでよくわかりません。
N4EですのでMade in USAのギターのようです。
おそらくスワンプアッシュを使ったモデルだと思います。
値札をみると定価240,000に対して中古売値が税抜き140,000万円。
この相場はどうなのでしょうか?
ちょっと高い気もしますが。

washburn2.jpg

早速店員さんに試奏のお願いをしました。
以前この系列の店でギター買ったことがあるのですが、
試奏に関して満足いく状態で弾くことは不可能です。
まず、保管状態が良くありません。
弦が針金のようになっていることもあります。
チョーキングした時に弦が切れるか、指が切れるかといった状況ですね。

このギターに関しては、
思いっきり順反りしているのと、
フロイドローズユニットがBodyから5mmほど浮かせてあるので、
弦高は極めて高い状態ではありましたが、
一応試奏できそうな状態です。

まず座ってギター構えた状態では違和感なく、
ストラト・キャスターよりも弾きやすいのではないでしょうか。
ボディが小さくて軽いというのが第一印象でした。
IBANEZの540Sを持った時もその軽さに驚きましたが、
N4もBodyの軽さは特筆すべき点です。

早速、チューニングを行いました。
がしかし…
フロイドローズタイプのギター6弦→1弦のパターンで
たいてい3〜5回行うと会うものなのですが、
これが何度やってもチューニングがまったく合いません(涙)
仕方ないので、とりあえず音程だけを合わせました。
音程あってないと試奏して恥ずかしいので(笑)

スプリングのテンションが弱いためか、
フロイドローズがさらに浮き上がってしまいました。
その関係で弦高は5mm以上以上になってしまいました。
これじゃ、クラシックギター弾くようなものじゃないですか。

試奏できるだけましと気を取り直して、
なんとも頼りない試奏用のアンプに繋ぎ、
感触を試しながら弾きました。

一番の懸案事項であった高フレットでの操作性の点、
まず、親指の奥位置がどうなるのか気になっていたのですが、
特に、弾き安くもなく弾くづらくもなくという感じで、
つまり、あまり意識しなくても良いかな?というのが率直な感想です。

それよりも、押弦の間隔が尋常ではなかったのでまともに弾けたものではありませんでした。

こんな状態ではもちろん速弾きができませんので、
結局のところ微妙な部分の判断はできませんでした。

しかしながら試奏ができた事自体大きな収穫です。

私が狙っているのは日本製のモデルなので、
USAのモデルとの違いはどうなのかという問題はあります。
例えば他のギターにもあるように、日本製のモデルはネックが細く作られているなど。
まぁ、悪いほうにはいかないと思いますので良しとしましょう。

結果として、
さらに欲しくなってしまいました(^^;
資金調達の段階に入ったといって良いでしょう。

続く・・・
posted by こばぼー at 21:29| Comment(4) | TrackBack(0) | ギターのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

ギター欲しい病再燃!

ギター欲しい病が再燃しました。(笑)

ギター上手く弾けないのはギターのせいだ!と
上達しない理由をギターにしてしまう自分としては、
もはや慢性的な症状といえます。(涙)

そのターゲットはWASHBURNのN4というモデル。
ヌーノ・ベッテンコートのシグネチャです。
その中でも手が届きそうなモデル。



ヌーノというギタリストはEXTREMEのアルバム1枚しかもっていないので、そこで聞いたくらいであまり良く知りません。
もちろん雑誌なんかでは良く取り上げられていますので、
有名なギタリストだということは知っています。

確か、ヴァン・ヘイレン・フリークなのですよね?
違ったかな?

そんな彼のアイデアがふんだんに盛り込まれたギターらしいです。
ボディも小ぶりで弾きやすそう。
どこかで試奏させてもらわないと。

スペックは以下のとおり。

Body : Alder
Neck : Maple
Fingerboard : Ebony
Scale : 324mm
Frets : 22 Frets
Pickups : Seymour Duncan '59 (Front)
: Bill Lawrence L-500 (Rear)
Control : 1 Volume, 3-way Toggle Switch
Bridge : Floyd Rose Original Locking Tremolo
Color : Natural (NAT)

さては、どうやって手に入れるかですが・・・
Yngwieモデル処分するかな?
でも結構使用頻度高いし。

Musicman Axis売るか?
いろんな犠牲を払って手に入れたギターだし。

なんちゃってコレクターになってしまいそうな勢い。

使っていない機材が結構沢山あるので、
こちらから処分するかな・・・
ラベル:WASHBURN ギター N4
posted by こばぼー at 21:25| Comment(11) | TrackBack(0) | ギターのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

Musicman Axis EX

今日はマイギターの紹介です。
musicmanのAxis EXです。
これでギターは全て紹介したことになるのかな?

エドワード・ヴァン・ヘイレンのシグネチャモデルになります。
厳密には違いますが。
実は、以前のエントリで紹介したPeavey WolfGang Specialを購入した際には、このギターの存在を知りませんでした。
80年後半から今までのエドワード・ヴァン・ヘイレンを足跡を辿っていくうちにこのギターの存在を知りました。
エディーがPeaveyと契約する以前、90年〜95年頃までmusicmanと契約しており、その時期に生産されたものはEVHというモデルになります。
musicmanはエディーとの契約終了後もこのモデルを生産しますが、EVHからAxisへとモデル名が変更されています。
私が購入したギターはアメリカの部品を日本で組み立てた"Axis EX"というモデルになります。

musicmanのエディーモデルが欲しいなと思っていたところ、
ハード・オフで偶然見つけてしまいました。
しかもトランス・ブルー。
お金もなかったので悩みましたがWolfGangとPod2を下取りに出して購入しました。
axis_ex.jpg

前のオーナーさんがかなり弾きこんでいたらしく、ボディに細かいキズが多数ありますが鳴りは最高です。ネックに関しては、汚れもなくフレットも9部山以上残っており、コンディションはばっちりです。

バーズアイもそこそこ出ています。
birdseye.jpg

抜群に弾きやすいのですが、24Fの弾きやすさの慣れてしまったため、現在出番は少なめです。
ラベル:ギター MUSICMAN EVH AXIS
posted by こばぼー at 19:37| Comment(4) | TrackBack(1) | ギターのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

マイケル・シェンカーVとキングV

私のフライングVにまつわる逸話です。

昔々・・・
大学に入ったばかりの頃、キングVというギターを購入しました。
キングVとはJacksonのランディーローズの非対称フライングVを大きいほうに対象にしたギターです。
当時LAメタルブームの最前線にいたLATTというバンドのツインギターの一人、ロビン・クロスビーが使用していたギターです。
こちらのサイトhttp://www.jacksonguitar.org/art/robbin.htmlをごらんいただければお分かりになるでしょうか?
私が購入したのはフェルナンデスのロビン・クロスビー・シグネチャモデルで12,3万くらいだったと思います。
黒でピックガードのないモデルです。
ごっついギターでとても弾きやすいとはいえないギターです。
今思えば44マグナムのジミーモデルを買っておけばよかったと。
ショート・スケールで弾きやすそうだったしね。
では、何故そんなギターを買ったのか?・・・

それは・・・
高校時代、私が組んでいたHR/メタル系のバンドはツインギターでしたが、
私がフェルナンデスのストラトタイプのギターを使用していたのに対して、相方はフェルナンデスのマイケル・シェンカーVを使用してなにかと目立っていました。
その彼はマイケルを崇拝しており、学園祭でもジーンズにドカジャン(革ジャンは高くて買えない)で自己陶酔していました。
私はやっぱりフライングVは目立つからいいなぁとずっと思っていて、
自分も目立つギターを買おうを決意しました。私にとっての目立つギター、そう、やはりフライングVです。
でも、同じマイケル・シェンカーモデルでは芸がないのでキングVに目をつけた訳です。
キングV、目立ちますよ!何しろキング=王様ですから。

しかし・・・
購入後しばらくして、キングVを弾かなくなりました。
多分飽きたのでしょう。ギターを弾くこと自体に。
そしてそのギターを新品のまま売却してしまいました。
たしか楽器屋で2,3万でしか引き取ってくれませんでしたね。
もったいない話です。

その後・・・
マイケル・シェンカーに陶酔していた彼のギター、なぜか真っ黒に塗りつぶされたマイケルVが、めぐり巡って私のところにやってきました。
もちろん、家に残っいたストラトモデルと交換ということで。

どうやら彼は、その後マイケル・シェンカー熱から冷めてしまい、シグネチャモデルである白黒のギターを使っている事自体恥ずかしくなり塗り潰してしまったようです。

そんなこんなで、それ以来マイケルVを私が保有することになったのです。
今も家のどこかで静かに眠っているはずです。


追伸:
最近になって知ったのですが、
RATTのギタリスト、ロビン・クロスビーは2002年にエイズでなくなられたそうです。
残念でなりません。
posted by こばぼー at 23:40| Comment(4) | TrackBack(0) | ギターのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

フランク・ギャンバレについて少し

ここ1週間ほど更新が滞ってました。
会社を辞める決断をして退職願いを提出、そして仕事関係の整理をしはじめるうちに、目まぐるしく1週間が過ぎてしまいました。
もちろん、ギターは弾いているのですが日記を書く余裕がありませんでした。

さて、今日は気を取り直して私の好きなギタリストとマイギターについて少し書きたいと思います。

私がギターに夢中になっていた80年代前半から半ばにかけては、いわゆる速弾き系のギター・シーンは大きな転機を迎えました。そう、イングヴェイ・マルムスティーンの登場です。同時にネオ・クラシカルという新たな路線も彼によって開花しました。ジョン・ノーラムやエイドリアン・ヴァンデンバーグも同時期に登場したギタリストです。そして、インギーに追うかのようにネオ・クラシカル系のテクニックを操るギタリストが登場しました。ポール・ギルバートやトニー・マカパイン、ヴィーニ・ムーアです。インギーの速弾きのテクニックは特別なものと信じていただけに本当に驚きでしたね。
でも、この辺りからギターを弾かなくなり、同時にハードロック/メタル系の音楽からは遠ざかってしまいましたのでその後のギター・シーンについては最近になるまで全く知りませんでした。インペリテリはグラハム・ボネットが参加したことから偶々聞いていましたが。
そして最近またギター・サウンドを好んで聴くようになって驚いたのは、ジェイソン・ベッカーとフランク・ギャンバレの存在です。
インギーやポールギルバートが活躍し始めた頃、既にこんなすごいギタリストがいたのかと。
彼らがギターシーンに登場したのは80年後半ですからね。

フランク・ギャンバレはチャック・コリアのエレクトリック・バンドで頭角を現した超絶ギタリストです。
彼の存在は偶々中古CD屋で手にした彼のアルバム「ギター・サンダーワールド」で知ったのですが、これを聞いてぶっ飛びました。音楽的にはフュージョンに分類されるのですが、ウィープ、スピードピッキングを駆使して縦横無尽に弾きまくっているところ、インギーやポールギルバートにも負けずとも劣りません。音楽学校でポール・ギルバートにスウィープを教えていたという話も聞きます。さらに楽曲としての完成度が高いのも彼の音楽の特徴です。

「truth in shredding」ではアラン・ホールズワースとギター・バトルが圧巻です。これは必聴です。

そんな彼にあこがれて手入れたギターがIbanezの540Sです。写真左のギターです。
myguitar.jpg

最初に手にした感触は、なんと軽い、そして薄い!
またにしか弾きませんがお気に入りの1本です。

取り留めのない日記になってしまいましたが・・・。

posted by こばぼー at 00:38| Comment(6) | TrackBack(0) | ギターのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

Yngwieシグネチャ

普段使用しているギターの紹介です。

Fender USAのYngiweモデルです。
Yngiwe大好きオヤジなので一度はインギーモデルを手にしたいという願望もあり
ターゲットをFender USAのCandyAppleRedのモデルに絞り探していました。
ヤフオクでも色々出品されていましたが予算も少なかったのでなるべく安く落札できそうなものを見定めて購入しました。

yngwiestrat.jpg

スモールヘッドで通常のフレットのモデルです。
90年代半ばのモデルです。
フレットが磨り減っており音がまともにならないという状態でした。
あとは比較的キレイでしたがジャックのガリも多少ありましたので通常メンテと一部フレットすり合わせをしてもらい調整しました。

009-042のセットで1弦のみ008を使用していたので、半音下げチューニングだとどうしてもテンションが弱くピッキングが引っかかり気味で、しかもあいかわらず高フレットで弦がビビるので、
ちょっと高価ですがディーン・マークレーのインギーモデルの弦を購入してみました。

strings.jpg

1弦が008、6弦が046なのが特徴で各弦同じテンションになるのが特徴だとか。

早速インギーストラトにセットしました。
Fenderのストラトは他のフロイドローズモデルに比べて弦張が楽なのが良いです。
一弦だけ取り付けたの図。

scalloped.jpg

スキャロップのエグレ具合わかりますか?
お決まりの半音下げチューニングで早速弾いてみました。
テンションもいい具合です。
不思議なことに1弦、6弦のテンションも違和感ありません。
特に1弦はピックに引っかかる感じもなくかといって
009よりもチョーキングがしやすいですね。
これはあくまでも私個人の使用感で思い込みの感が強いのかもしれません。
思い込みでも良くなった気になればそれで良いのですけどね。
ラベル:Fender ギター Yngwie
posted by こばぼー at 22:17| Comment(2) | TrackBack(0) | ギターのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

現在のメインギター

WolfGangを購入してから数ヶ月後のこと、
ふらりと寄った中古楽器屋でCharvel/Jacsonの24Fのギターを発見。
値段を見ると8000円ちょっとではないか。
打痕だらけで本値も高くなさそうだから安かったのでしょう。
早速試演させてもらったがフレットもしっかり残っているしが特に異常はない。
難を言えばネックがヘッド側で少し逆反り気味なところか。
ちょっと低フレットを弾くとビビります。

まぁ、24Fのギターも欲しかったし練習用には丁度よいだろうと思い即購入しました。
かつてCharvelといえばRATTのウォーレンが使っていて憧れだったしね。しかも高くて手が出せなかった。

これがギターコレクトの始まりでありました・・・。

charvel.jpg

今ではこれがメインギターとなっています。
音は良くないですがなんと言っても弾きやすいです。

他のギター達は自分の部屋に飾ってありますが、このギターはいつでも弾けるようにリビングに居座っています。
ラベル:ギター Charvel
posted by こばぼー at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

Peavey WolfGang Special

昨年のちょうど今頃ギターを探して楽器屋へ行き、偶然見つけたのがPEAVEYのWolfGangSpecialでした。
エドワード・ヴァンヘイレンのシグネチャモデルの廉価版です。

wolfgang.jpg

すでにPEAVEYとエディーとのライセンス契約は終了していたのでもちろん中古ですが、5万円以下だったので早速試奏させてもらいました。
超久しぶりにギターを手にしたのですが、昔のイメージで弾けるつもりでいたので当時十八番だったDon't Tell Me You Love Meのジェフのパートをさらっと弾いたつもりだったのですが、フィンガリングとピッキングがシンクロしておらず、アンプからプスプスというミスピッキングが大音量で店に響きわたりました。
頭でイメージするが指が言うことを聞かない。
超カッコ悪い!
仕方がないので一音一音確かめるように弾いてギターの感触を確認しました。
結局即買いでした。
本当はインギーモデルが欲しかったのですが、事前調査によりIBANEZのSZシリーズの廉価版かWolfGangSpecialの廉価版と決めていたので、偶然見つけたWolfGangを買ってしまったというのが事の転末です。

本当に良いギターでしたが、その後MusicManのAXISが欲しくなって、結局下取りにだしてしまいました。
ラベル:ギター PEAVEY
posted by こばぼー at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。