2007年04月27日

ピックの話

まずは最近購入したCDの紹介です。

ポルノグラフィティ〜エクストリームU/EXTREME
スリー・サイズ・トゥ・エヴリ・ストーリー/EXTREME
ドリーム・イヴィル/DIO
ライブ・アット・ザ・マーキー/Gary Moore

EXTREME、改めて聞くと良いですね。
アース・ウィンド・アンド・ファイアーとヴァン・ヘイレンを足して2で割ったというと語弊がありますが、
とにかくそれ位独特なサウンドです。

ドリーム・イヴィルはgにクレイグ・コールディが加入したDIOのアルバムです。
ロニーもクレイグも私の印象が変りましたがちょっと消化不良な感じです。

ライブ・アット・ザ・マーキーはまだamazonに注文していますがまだ届いていません。
私が高校時代に聞いたゲイリー・ムーアのライブ・アルバムで、ゲイリーはこのアルバムが始めてでした。
だからこそ今でも強く印象に残っています。
特にこのアルバムに収録されている「組曲サンセット/パリの散歩道」は
以降聞いたどの演奏よりも最高の出来だと思っています。
メランコリックな泣きのギター・サウンドにはホレボレしたものですよ。
早く聞きたいですね。

さて、本題。
私が使用しているピックの話でも。
ピックはギターの道具の中でも一番安く手に入ると言うこともあり、
今までにいろんなピックを試してきました。
高校時代は高中正義のレインボーピックやリッチーの鼈甲ピック、エディー・シグネチャやメタルピックなども。
その時はは44マグナムのジミー・シグネチャに落ち着きましたが。
確かフェルナンデスから出ていたと記憶しています。

ギター再開してからも自分にしっくりくるピックをあれもこれもと試してきました。

もちろんシグネチャピックも。
左から、ウリ、インギー、ポール・ギルバートのシグネチャ・ピックです。
pic.jpg

最終的にはHistory(島村楽器のオリジナルです)のEX HARDを経て
FenderのEXTRA HVYに落ち着きました。
FenderのピックはDunlopのピックとほぼ角度が同じで材質が異なります。
厚さは1mm強です。
半年間このピックになじんでいました。

が、昨日突然Historyのピックに戻してしまいました。
もう少し弦へのあたりが強いほうが良いかなと感じたからです。

Historyのは厚さは1.2mmほどでIbanezのポール・ギルバートのシグネチャ・ピックよりも先が少し鋭角です。
ポール・ギルバート・シグネチャは自分には少しぺりぺりして薄いと感じていましたので、
鋭角なピックはこれくらいの厚さが自分にはあっているようです。

恐らくピッキングのサウンドにも影響大です。
特に軽いピッキングでも音が一音一音がはっきりするのではと。
強いピッキングの際には硬い音が出せるのではと期待しています。

posted by こばぼー at 00:00| Comment(11) | TrackBack(0) | 周辺機材のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

MTR持ってますが・・・

先日から顕著になってきた指の痛み、
今日になっても引かないようです。
とりあえず2、3日は安静にしていようか思います。

ということで、使っていない機材の紹介でも。

ギター音源が録れるようになってこのブログをはじめたのですが、
実は以前からMTRを持っているんです。

mrs8.jpg

ギターを再開してまずやりたかったことは音源を録ることでした。
最終的には自分の曲を作って音源を録ることが目標です。

そんな夢を抱きながら昨年の夏ごろに買ったのですが・・・
結局使わずじまい。

というか、使い方が全くわからない。
プリセットのドラムとギターのエフェクトのかけ方は
なんとなくわかったような気がしたのですが、
細かい設定方法がさっぱりわかりません。
特にドラムの打ち込みなどは理解不可能です(TT)

MRS-8は各トラックの音源をSDカードに録音する仕組みになっていますが、
PCに取り込む際には別途インターエースが必要なようです。
マシン音痴の私は、挑戦しては挫折の繰り返しでした。

そんなこんなで宅録を諦めかけていたところ"Audacity"というフリーウェアの存在を知り、
このブログを始める事になったという次第です。
ということで、とりあえずはMRS-8の必要性がなくなりました。
使いこなせたらカッコ良いのですがね。
ラベル:宅録 zoom MRS-8 MTR
posted by こばぼー at 22:28| Comment(9) | TrackBack(0) | 周辺機材のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

エフェクター散乱

たまには現在保有しているエフェクターの話題でも。

最近はアンプシミュ直結で弾くことが多くなったので、
エフェクターは殆ど出番がありません。

こんな感じで部屋に散乱しています。

effector.jpg

本当はエフェクター・ケースにカッコよく収めて、
アンプに繋いで弾きたいのですがね。

しかし、アンプ鳴らすには条件があるのです。

私の家は準商業地域で隣近所が密集していて、
オマケにメイン通り沿いに建ってるんです。
思いっきりアンプ鳴らすと近所に聞こえるだけならいいんですけど、
通りがかった人に下手なギターの品評されてしまいそうで、
気の小さい自分にとってはとても耐えられるものではありません。
そんな理由で嵐の日にしかエフェクター+アンプの出番はなさそうです。

それならばアンプシミュにエフェクター繋げれば良いのですが、
アンプシミュ使う時はリビングルームでと決めており、
テーブルにアンプシミュ置いてソファーにもたれて弾くのが自分の定番になってるんです。
従ってエフェクターは置けても1個が限度。
その時は主にDODを使ってます。

そんな事で宝の持ち腐れというか、お蔵入り状態になってます。
使わなそうな機材はそろそろ整理しなきゃね。

エフェクターのレビューもしたいのですが、
そこまで使いこなせてるわけでもないし。(涙)
ラベル:エフェクター
posted by こばぼー at 00:11| Comment(2) | TrackBack(3) | 周辺機材のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

真空管アンプ命

今日は使用しているアンプを紹介します。

amp.jpg

左下からIbanezのVALBEE VB10というモデル。
おそらく試作品か何かでしょう。
JUNKで買って直すつもりだったのですが、
欠品だらけで直す気が失せました。
というか電気系統に強いわけではありませんので
部品がそろっても直せる地震もありません。
現在は飾りになっています。

左上はIbanezのVALBEE VBGというモデル。
上記アンプの製品版です。中古で購入しました。
プリ管、パワー管とも1つずつ。
かわいいですがれっきとした真空管アンプです。
ドライブサウンドは良いのですがクリーンでは音が小さすぎるのが難点です。
まぁ5Wにしては上出来ですね。
いっちょ前にSend/Return端子もついてますので
エレハモのHoly GrailとBOSSのDD3をココにつないでいます。

そしてもう一つはFenderのHot Rod Deluxe。
ヤフオクで購入しました。
プリ管に12AX7×3、パワー管に6L6×2の本格的な真空管コンボアンプです。
自宅には十分過ぎるというか、ぜんぜん実力を発揮できません。
なにせ、モアドライブ(もちフルボリューム)でマスターボリュームを2以上にまわせません。
しかもリバーブもついています。(Holy Grail使えないのが寂しいですが)
音もサイコーです。
ギターがうまくなったんじゃないかと思うほどです。

しかしながら普段は生音かToneLABにヘッドホンという環境で弾いています。
思いっきりアンプ鳴らしてみたいですね。
posted by こばぼー at 22:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 周辺機材のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。