2007年04月25日

一歩前進か?

いやぁー、温泉は最高でした。
2日間で6つの露天風呂入りまくりでした。
飛騨牛に熊汁、朴葉みそなど、山の幸を堪能しました。

さてさて、久しぶりの更新になりました。
ここ2、3日、バッキング・トラックの打ち込みをする為に
punchさんに紹介してもらった"Music Studio Independence"をダウンロードして試行錯誤しながら使っておりました。
ギターそっちのでしたが、腱鞘炎のリハビリには丁度良いですね。

結局のところ、まだ使えるレベルに至っておりません。
ドラムの打ち込みでいきなり挫折してしまいました。
どうやら私には高機能すぎるようです。
或いは私がど素人過ぎるのかもしれませんね。
しかし、音符を配置するだけの簡単操作なので使いこなせたら重宝すること間違いなしです。
"Music Studio"を使いこなすことが当面の目標になりました。

もう一つの課題であったMRS-8のトラック音源のPC取り込みに関しては、なんとかできました。
ウマエモンさんのアドバイスで"MRSカードマネージャー"をダウンロードして、
SDカードに保存したMRS-8のトラック音源をPC側でWAV変換しただけなのですが・・・。
MRS-8の使い方はよくわかりませんが、プリセットのドラムパターンが使えるだけでもありがたいのです。

証拠に、Audacityでギターを重ねた音源をアップしました。

アイランド・イン・ザ・サン


まぁ、メトロノームをバックに弾くよりは大きな前進といえるでしょう。
posted by こばぼー at 23:18| Comment(10) | TrackBack(0) | ギターの練習・音源公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

腱鞘炎っぽい

なんか腱鞘炎っぽい痛みに襲われてます。
厳密には腱鞘炎ではないんですが。

原因はわかってるんですが。
先日、ナイト・レンジャーの"Don't Tell Me You Love Me"の
ブラッドのパートの音源をアップしたので、
次はジェフのパートをと思って練習してたら、
1弦7Fから10Fの大また開きのところで指が攣った状態に。
それでもずっと練習してたら2日たっても
痛いのが一向に直らない。

仕方なくしばらくこの曲は諦めて、
負担の少ない曲で安静にすることにしました。

ということで今日は、同じナイト・レンジャーでも
メロディックな曲を練習してました。


posted by こばぼー at 23:57| Comment(8) | TrackBack(0) | ギターの練習・音源公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

昔のようには弾けません(TT)

毎月の楽しみの一つであるYOUNG GUITAR 5月号を買ってきました。(^^)
今月号はナイト・レンジャーの記事とギター・スコア(Don't Tell Me You Love Me)が掲載されています。



"Don't Tell Me You Love Me"(以下ドン・テルと言う)は私が高校時代にコピーしていた曲で、当時のYOUNG GUITARのスコアのおいて一番難易度が高いライオン・マークを授かった曲です。
ちなみに、次に難易度が高いのはワニ・マークで、当時"ヒロシマ・モナムール"や"Beat It!"等がそれに該当していました。

しかし、今月号のスコアでは"ドン・テル"の難易度が上から3番目になっているではありませんか。
今時のキッズはこの程度の簡単にコピーしてしまうのでしょうね。

私の場合、今挑戦したらブラッドのソロパートのチョーキング&プリング・ハンマリングの連続でまず指が痙攣、ジェフのソロパートの大また開き&フルピッキングで腱鞘炎間違いなしです。

試しにブラッドのパートを弾いてみましたが見事撃沈です(笑)



クリケットやってからさらにアームダウンした状態から
ハーモニクスすることろで更にモタついてしまいます。

今では当たり前のような使われるテクニックですが、
当時はこれでも驚いたものです。

追記:
ドン・テルのアコースティック・バージョンの映像です。

さすがにアコースティック・ギターであのソロを弾くのは難しいですね。

ドン・テルといえばJUNさんのサイトに採り上げられていましたが、
当時の人気アイドルグループ、"シブが●隊"の曲のイントロが
"ドン・テル"のイントロとそっくりです。
posted by こばぼー at 00:49| Comment(11) | TrackBack(0) | ギターの練習・音源公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

今日の収穫

私が音楽CDを買う場合、新譜やどうしても手に入らないものを除いては"BOOK OFF"などでなるべく中古で手に入れてようにしています。
ここ1年半くらいで100枚は買っているのでこれくらいの枚数になると新品と中古とでは雲泥の差になるからです。

本日、家の近所の"BOOK OFF"にふらりと立ち寄ったところ、
「中古で見つからないので新品で買おうか」という部類に入っていたCDを見つけました。(^^)
久しぶりに行ったのが功を奏したのですかね。

ディオの「情熱の炎〜ホーリィ・ダイヴァー」とデフ・レパードの「炎のターゲット」です。

cdget.jpg

ディオのベストは持っていたのですが、「情熱の炎〜ホーリィ・ダイヴァー」の1曲目の「スタンド・アップ・アンド・シャウト」が収録されていなかったため、どうしてもこのアルバムが欲しかったのです。
とにかくアップ・テンポでスリリングなギター・リフがカッコ良い曲で、ロニーのヘヴィーなボーカルとヴィヴィアン・キャンベルの光線銃のようなギターソロが印象的です。


デフ・レパードは今や押しも押されぬ大人気HR/HMバンドです。
このアルバムに収録されている「フォトグラフ」は、
ベストヒットUSAのベスト10にランクインするなど
デフ・レパードがメジャーにするきっかけを作っただけでなく、当時マイナーだったHR/HMの存在を世に知らしめた曲でした。
(ちょっと大げさかな?)

オマケのギター音源です。
耳コピ以前の頭に残っている曲のイメージで弾いたものなのでひょっとしたら違ってるかもです。

スタンド・アップ・アンド・シャウト(メインリフ)


フォトグラフ(メインリフとギターソロ)
posted by こばぼー at 23:06| Comment(2) | TrackBack(0) | ギターの練習・音源公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

原点回帰

高校時代、HR/HMのバンドを組んてこの曲からすべてが始まりました。



弾いていてとても気持ちいいギターソロでした。
果たしてあの時の純粋な気持ちに戻れるだろうか?


posted by こばぼー at 00:20| Comment(5) | TrackBack(0) | ギターの練習・音源公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

Yngwieの曲はやっぱりYngiweモデルで…

今日、石川県で震度6強の地震がありました。
名古屋でも非常に大きな揺れがしばらく続きました。
地震酔いになりそうな程ゆったりと大きな揺れでした。
皆様は大丈夫だったでしょうか?

さて、昨日はYngiweモデルを引っ張りだして久々にToneLabに繋いで弾きましたが、やはりYngwieモデルで弾くのはインギーの曲が良いと感じ、早速音録りしました。

Backの音源を用意するのが面倒だったので、
ToneLabのプリセットパターン(適当なクリーン・サウンド)を使って一発録りです。
もちろんピックもYngwieモデルに持ち替えて。

TRILOGY SUITE OP:5の出だしの部分


かなり適当に弾いてしまってますが、問題は最後の部分!
最後のコード弾きの部分で軽く押弦ビブラートを掛けてます。
わかりますか?
本当に軽く押してるだけです。
これはスキャロップならではの技(という程のものではありませんが)です。

最後に私の苦手、スィープ音源もオマケで。
もちろんインギーの決めフレーズです。

posted by こばぼー at 15:03| Comment(2) | TrackBack(0) | ギターの練習・音源公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

Yngiweモデルの音源ですが

今日はYngiweモデルでの音源です。

何故かというと・・・。

マイケル・シェンカーの音源を作りたくて、いつものようにボロCharvelとToneLabで試してはみたもののまたまた断念。
そこで、ちょっとひらめいてFenderストラトでキャプテン・ネモのメインリフ弾いてスタンリー・ジョーダン(3月3日のエントリー参照)のようなトリッキーなサウンドを作れないかなと思い、Yngwieモデルを引っ張りだしてきたという訳です。

Fピックアップにてアコースティック・サウンドで弾いてみました。



久ぶりにYngiweモデルを弾いたということもありますが、008-046という特殊なゲージで半音下げチューニング、しかもスキャロップという代物のせいか(2月22日のエントリー参照)、ビブラート、チョーキングで音程がつかめない。
少し凹みました。まぁ、いつもの事ですけど。

今日は久々にYngwieストラトでひたすら練習です。
posted by こばぼー at 22:06| Comment(4) | TrackBack(1) | ギターの練習・音源公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

ヒロシマ・モナムールのソロの一部音源

久々の音源アップです。

アルカトラスのヒロシマ・モナムールです。
ソロの途中から後半部分のみです。
フェードイン、フェードアウトが試して見たかっただけかも(^^;

まだうろ覚えでふらついてしかもリズムにも乗れていませんが雰囲気だけで弾きました。

運指はもっと簡単にできると思うのですが、YoungGuitarのスコアどおりに弾いています。



ソロの前半部分は指が覚えてからアップします。
なんとなく通しで弾けそうな気がしてきました。

とりあえずがんばります。
posted by こばぼー at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | ギターの練習・音源公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

朝一番でヒロシマモナムール、そして真空管サウンド

昨日、バックの音源に重ねて録れたことに味をしめたので
本日も朝一番で音を録りました。



昨日と同じヒロシマ・モナムールですなので、進歩はありませんが、昨日の音源よりギターを若干押さえ気味にしてバックに馴染むようにしました。
今まではメトロノームに合わせて弾くだけだったので、バックの音源と弾くことだけでもすごく気分がよいです。

マイケルシェンカーのCaptainNemoの音源も手にいれましたの是非これに挑戦してみたいと思っています。

さて、ついでではなく、これが本題なのですが、録音機材の紹介です。
録音には、ギター→アンプシミュ→PCという順でつないでいますが、ギターサウンドはアンプシュミで作っています。エフェクターも繋いでテストしてみたいのですが、アンプシュミ自体使い切れていませんので、当面はこのパターンです。

さて、そのアンプシミュレータに関してですが、私はToneLabを使っています。
世間一般ではクリーン系にはToneLab、歪み系にはPod2とかよく言われています。
確かにそのとおりかな?と思います。歪み系はイマイチです。

なぜ、ToneLabを買ったのかというとやはりアンプ独特の歪みの再現がうまく表現できているところです。というかそう思いこんだからです。

そしてなんといってもToneLabの特徴は真空管(12AX7)を搭載しているところです。
右上の部分でオレンジ色に光っているの見えますか?

tonelab.jpg

これが真空管です。

一部真空管を使用しているアンプ多くは、プリアンプ部において音を作る段で真空管を使用しているのですが、VOXのValvetronixシリーズのアンプでは音を増幅させる部分で真空管を使っています。いわゆるパワー管ですね。増幅の段のファジーさが暖かみのあるサウンドを生むらしいです。

VOXではValve Reactor回路というらしいですが、ToneLabはこの回路を搭載しています。
そのせいか、暖かみのあるサウンドになっている気がします。
真空管が熱が気分的に暖かくしているのかもしれませんが。

操作性は基本的にはツマミを捻るだけでOKなのですが、
プリセットの音源を基に音を作っていく場合、設定値が人目で確認できないというのが難点です。実際にはツマミをまわして、基の値と一致すると一致した旨が画面に表示される。
プリセット音源は12バンク×4の48です。

特にVintageサウンドを求めている方にはお勧めです。
ハードロック/へヴィメタの音を作る場合はPod2のほうがよいですが、私の場合、思いっきり歪ませた音が好きじゃないのでToneLabでも十分すぎるくらいです。バリッバリッという感じの音が好きです。
実はPod2も一度購入しましたが、ToneLabのほうがよくて結局手放してしまいました。
うーん、今比べたらPod2にしてしまうかもしれないな。
まぁ、そんな微妙なところです。

ToneLabは石橋楽器あたりではで15,000円くらいで売っています。
Pod2はモデルチェンジしたので25,000円くらいでちょっと高めです。
まぁ、昔に比べたら何れも安く手に入れることができます。
posted by こばぼー at 17:18| Comment(2) | TrackBack(0) | ギターの練習・音源公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オケ付き音源公開

初めてオケCDのバック音源に合わせて録音してみました。
やはりリズムがつかめて弾きやすいですね。
punchさん、ありがとうございます。

しかし、同時録音は出来ずに一旦音源をAudacityに取り込んでギターの音源を重ねています。

また、現状ではギターのモニターが出来ないので録音終わった後でないとギター弾けてるのかどうか音源のチェックができないのが難点です。バックの音源をヘッドフォンで聞いているのでギターの生音も聞こえないですからね。

これらは今後の課題です。

アルカトラスのヒロシマ・モナムールのイントロ部です。
あいかわらず意識して指が硬直してしまって、最後のほうは指が覚えきってなくてテキトーになっちゃってます。



高校時代は全く歯が立たなかったのですが、誤魔化しではありますがちょっぴり弾けるようになっているのがうれしいです。
少しは上達しているんですかね。
posted by こばぼー at 01:20| Comment(3) | TrackBack(0) | ギターの練習・音源公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

ギター・カラオケ

ギターの音源を公開するにあたって、
やはりバックの音源が欲しくなります。
とはいってもMTRでドラム・ベースのパターン作るもの難しいし、
MIDIで打ち込むことも大変そうなので、

そこで以外と簡単に手に入るギター・カラオケを利用することにしました。
まずはYngwieの初期の曲が入っているものを楽器屋やネットで探してみると、
ありました、ありました。

guitarkara.jpg

Yngwie Malmsteen KARAOKE BEST10
ドレミ楽譜出版社

Black Star
Far Beyond The Sun
Evil Eye
I'll See The Light Tonight
You Don't Remember, You Never Forget
Rising Force
Making Love
Icarus Dream Fanfare
Playing With Fire
Hiroshima mon Amour
(マイナス・ワン/カラオケCD付)

選曲はなかなか良いです。
肝心のカラオケですがBlack Starなんかはギターパートが既に入っていました。
つまりこれとハモレということですな。
一方のパートはプロが弾いたものなのでミスが目立つのがイヤですね。
できれば両方のパートを重ねたいのですがね。
そこが楽しみなのに。
残念・・・
posted by こばぼー at 22:33| Comment(4) | TrackBack(0) | ギターの練習・音源公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日も音源公開

先日に引き続き音源アップです。

YngwieのBlackStarを弾いてみました。(ちょびっとだけ)
かなりヨタッていますが許してください。



CDの音源をバックにしたいのですが相変わらずできません。

ヘッドフォンでギターサウンドを聞きながら録音すると
メトロノームが聞き取れない、ヘッドフォン外すとギターのサウンドがわかなないというジレンマに陥っています。

音源を重ねる方法はなんとなくわかったのでハモリとかはできそうです。
宅録も少し楽しくなってきました。
公開するのは相変わらず恥ずかしいのですがね。
ラベル:音源公開 ギター
posted by こばぼー at 01:43| Comment(10) | TrackBack(0) | ギターの練習・音源公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

サウンドづくりは難しい

せっかくギターを再開したんだから何か音源を残していこうと始めたこのブログ。
録音が面倒臭いというのもありますが、そもそも録音するという行為に慣れていないのが原因。
いざ録音しようと構えると弾けなくなってしまいます。
とにかく慣れるために中途半端でも良いから音源をアップしようと、昼寝の合間をぬってToneLabを使ってサウンドづくりをしてました。
今回のターゲットはマイケル・シェンカーのサウンド。
アンプとキャビネットのパターンやペダル空間系のツマミをあれこれいじっては直してを繰り返しましたが、結局断念。
いざ音を作るとなると難しいですね。
納得がいかないのでクリーン・サウンドで我慢です。

キャプテン・ネモの終盤分解コードの部分だけ録音してみました。
フリーサウンドで適用に弾いています。



メインリフがカッコいい曲なので次回はサウンド作ってリトライします。

Yngwieの曲とかもアップしたいですね。
通しで弾くのは無理なので、まずはぶち切れ状態になりますが。

課題はまだたくさんあります。
バックのサウンドをどうやって重ねるか、
またそのサウンドをどうやって作るかです。
やっぱりMIDIとか必要なんでしょうか。

MTR持っているんだが使い方がさっぱりわからん・・・。
ラベル:音源公開
posted by こばぼー at 23:19| Comment(2) | TrackBack(0) | ギターの練習・音源公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

初音源公開!

簡単な宅録方法を知りましたので早速録音して音源をUpしてみました。
こちらのサイトを参考にさせていただきました。

ギター:Charvel→アンプシミュ:ToneLab→PC

録音ソフトは「Audacity」
MP3への変換は「午後のこーだ」(どちらもフリーウェア)を使っています。なかなか便利です。

実はZOOMのMRS-8を持っているのですが使い方がぜんぜんわかりません。

ToneLabでは目一杯Boostさせて、パワー管で歪みを得るようアンプを再現させています。
ちょっとリバーブ効かせ過ぎかな?



録音慣れしないと意識してしまって難しいですね。
まずは練習あるのみです。

これから少しずつでではありますが音源を公開していきたいと思います。
posted by こばぼー at 00:28| Comment(4) | TrackBack(1) | ギターの練習・音源公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。